東京で歯科特化の税理士 歯医者専門の税理士をお探しなら、歯科税理士東京Smile

お電話からのご相談は9時から21時まで受け付けております。

お問合せフォーム

歯科税理士東京Smile選ばれる理由5つのポイント

記帳代行がついてこの値段!
記帳代行がついて顧問料金20,000円~!経理資料を月1回送るだけで面倒な仕訳、計算、伝票入力なども必要ありません。毎月試算表を提出して、経営状況をご説明します。
専任の担当者制!
業界を熟知している専任担当者がつきます。いつも決まった担当者なので安心して相談できます。融資、資金繰り、節税対策、医療法人化支援などサポートも充実。
歯科業界特化だからできる経営アドバイス!
創業25年目を迎える五反田最大手の会計事務所です。定期的に経営セミナーを行っています。業界統計データに基づいたアドバイスをはじめ、融資・補助金・助成金の提案。将来の相続、事業承継、M&Aなど業界特化してきたからこそのアドバイスができます。
歯科業界特化の頼もしいネットワーク!
提携士業(社会保険労務士・行政書士・司法書士・弁護士・弁理士・不動産鑑定士)をはじめ、HP作成会社、設計・デザイン事務所、M&Aコンサルティング会社、予約管理システム会社など歯科業界特化の専門集団のネットワークがあります。ご状況に合わせて経営をトータル的に支援します。
開業からしっかりサポート!
新規開業はもちろん、M&A開業、事業譲渡、居ぬき開業など様々な開業支援実績があります。開業時に必要な資金計画、人員計画、経営方針の決定、就業規則の整備などお気軽にご相談ください。業界特化のネットワークでトータルサポートいたします。

経営支援

開業から歯科業界に特化してきた歯科税理士東京Smileでは、通常の税務・会計のサポートだけでなく歯科医院の経営支援も行っています。二極化が進む歯科業界で、患者様や地域に喜ばれ永続する歯科医院経営を実現するためのサポートを様々な角度から行っています。

上田会計のサポート力

統計データを活用したお客さまサポート

統計データを活用したお客さまサポート

歯科税理士東京Smileでは多くの実績データを活用しながらお客様へのサポートを充実させています。こうした、データに基づく経営判断により顧問先では医療収入が11.1%も多いという実績があります。厚生労働省の発表している医療経済実態調査(H27年実施)比較

売上拡大につながる予約システム

売上拡大につながる予約システム

歯科税理士東京Smileでは予約システムの製作会社と提携を結び、売上拡大のために活用できる予約システムの導入支援も行っております。自費に頼らず、レセプト枚数が同じでも、売上を拡大することができるApotool&Boxの仕組みを紹介します。

時代の先をいく遠隔診療システム

時代の先をいく遠隔診療システム

歯科税理士東京Smileでは歯科医院様が新しいサービスの領域へ挑戦することもサポートしています。遠隔診療システムを提供している企業と提携を結び、歯科医院の皆様のニーズに幅広く対応できるよう準備をしています。

歯科経営セミナー

歯科経営セミナー定期開催!

歯科税理士東京Smileでは、歯科医院の顧問先を多数保有しているため、顧問先への情報提供の一環として歯科医院経営セミナーを企画開催しています。競争の激しい歯科業界において、うまくいっている医院のノウハウや考え方を手に入れる貴重な機会です。これまでにWebを活用した新患獲得の方法や、この後ご紹介する自費による歯周病治療のノウハウなどをセミナーテーマとして扱ってきました。

2017年5月14日に「自費による歯周治療推進のノウハウ徹底解説」と題して、日本臨床歯周病学会副理事長、若林歯科医院若林健史先生をお招きし、歯周治療を基本に据える若林メソッドを大公開して頂きました。その一部をレポートしたいと思います。

融資・助成金・補助金

融資

融資相談・融資サポートはお任せください

歯科税理士東京Smileでは、歯科医院の開業時の資金調達はもちろん。計画に基づいてベストな金融機関や融資方法を一緒に考えます。また、返済計画を再スケジュールする際の事業計画書・返済計画書の作成のサポートも行っています。安心して経営に集中できる環境を提供いたします。

助成金

該当する助成金をご提案いたします

歯科税理士東京Smileでは、「助成金診断」というものを行っています。膨大な種類がある助成金の中から自院に当てはまるものを探すのは、とても大変な作業です。自院が適用される助成金を簡単なアンケートにお答えいただくだけで、こちらから該当する助成金をご案内いたします。採用、昇給、教育、研修、就業規則の整備など雇用・労務に関わることを行う場合は、助成金診断を行い、もらえる助成金はしっかり確保して、安定した資金繰りを行いましょう。

補助金

補助金申請支援もお任せください

歯科税理士東京Smileでは様々な種類の補助金申請のサポートも行っております。助成金と同様に、「知らなくて損してしまった。」ということが起こらないように、新しい補助金が出た際は、顧問先のお客様にご連絡をさせていただいています。歯科税理士東京Smileには税務担当以外にも、融資・補助金・助成金の申請支援をしている専門部隊がありますので、安心してお任せください。歯科医院の資金繰りをよくするためには、補助金を有効に活用していきましょう

税務調査

税務調査と聞くとなんだかよくわからないし、実際に調査が入るとなると身構えてしまいますよね。

税務調査はきちんと申告をして、普段から帳簿を付け、書類の保管をしていればそう頻繁にくるものではありません。実際に調査が入ってしまうと、1日時間をとられますが、税務署にチェックしてもらうことにより、直すところは直していけば診療所の経営にも役立つのです。

税務調査のポイント

税務調査のポイント

1.そもそも税務調査って?
毎年、税務申告をしますがその申告が適正であったかどうかを税務署が調査しにくることを税務調査といいます。
2.どれくらいの頻度なの?
数年に一度の頻度で税務調査が入るといわれています。もしくは、税務署は必要のあるときはその申告内容について調査を実施することが認められていますので、申告内容の状況をみて判断しているようです。
3.連絡はどうやって?
任意調査の場合は、所轄税務署から関与税理士に電話連絡があるため、関与税理士が間に立って、納税者と調査日程を調整して実施日が決まります。

税務調査の連絡がきて、日程調整が決まったら…。

必要な資料は関与税理士に任せてください。院内の準備は下記をチェック!

4.どんなところをチェックしているの?
税務署員の方々はこのようなところをチェックしています。
  • 予約表(アポイント帳通常3年分)
  • 銀行(窓口入金額とデータの突合)
  • 受付周りがキレイかどうか
  • タイムカード機の場所や出勤簿

必要な資料は関与税理士に任せてください。

歯科業界に特化している歯科税理士東京Smileだからできる経営サポートプラン

ライフプラン

開業医の仕事や家庭の人生設計をお手伝いします!長期的な目標を立て、必要な資金をどのように獲得していくのかを考えるプログラム

歯科税理士東京Smileでは歯科医院に特化してサービスを提供し続ける中で、院長個人のライフプランに沿った計画書を一緒に作成できるようになりました。これは融資や開業のための事業計画書ではなく、院長先生個人の人生においてどのタイミングでどのぐらいのお金が必要なのか、そのためにはどのようなライフプランを立てる必要があるのかを一緒に考えさせて頂くものです。歯科業界に特化している会計事務所だからこそ提供できるサービスです。

人生に必要な二つの資金の見える化

開業医は、勤務医と違い二つの必要資金を考える必要があります。医院経営に必要な資金と家庭人として必要な資金です。しかし、資金には色がついていません。仕事の資金は青色、家庭の資金は緑色などと分けて考えることはできません。では、二つ一緒にして、ドンブリ勘定で収入や支出を考えて良いかというと、それは危険です。残った所得はどう使おうが良いではな いかと考えていらっしゃる方は少ないと思いますが、何となく混然一体としていて漠然と考えている方が多いのではないかと思います。

仕事と家庭の必要資金
  • ユニットの入れ替えや増設
  • マイクロスコープなど新たな機器の導入
  • 医療技術の習得などスキルアップの費用
  • 内装の修繕や設備の一新
  • 移転や分院展開
  • 長年勤めてくれたスタッフの退職金

また、家庭について考えると

  • 住宅の購入など住み替え
  • お子様の教育資金や結婚資金
  • 老後の生活資金

仕事と家庭の必要資金仕事と家庭の必要資金

ライフプランを概観する

自分と家族の夢や希望をイメージし、描くことから始めます。奥様やお子様ひとりひとりについて、 またご両親の老後のことも考え、10年先にどうなっているのかを考えることで、ご家族の暮らしの 変化を見える化することができます。更にご自身の仕事や人生における目標、家族と関わり合いに 関する目標などを明確化します。

ライフプランを概観するライフプランを概観する

実現のために必要な資金源である「医院経営」

次に、ライフプランを実現するためには、資金が必要になりますから、ご自身の収入源である「医院経営」に焦点をあてます。これが所謂「経営計画」となります。医院経営は直近の実績から考え、来期の計画を作ります。その際重要な点は、先ずはライフプラン実現のために、どの程度自由に使うことができるお金が必要なのかを先に考えることです。ライフプラン実現には大きな資金がいるものもありますので、単年度ではなく複数年度で稼ぎ出すことを前提として計画を作ります。

理想可処分所得と試算可処分所得を比較するのですが、理想に届かない場合などに対処するため、試算の出発点である2の売上や3の変動費を、強気、普通、弱気の3パターンで作成すると、単年度で頑張れるのか複数年かけて実現していくのかなどを検討する材料になります。これを向う3から5年程度作成するで、中期の目標を立案すします。

  • 理想可処分所得を決めます。
  • 売上(保険、自費、物販)をユニット単位で考え作成します。ユニット別で保険メインなのか、自費をメインとするのか、ユニットをどう活用する作成します。
  • 原材料や委託費など売上原価などの変動費を設定します。直近実績から売上の内容や推移を加味し変動費を設定します。
  • 人件費などの固定費を組織構成や経験値から導き出します。
  • 3,4,5から医業利益を導き出します(2-3-4)。
  • 医業利益から税金やローン返済などを引くことで可処分所得を試算します。
進捗フォローの重要性

計画を実行に移していくと、「できた」「できない」などの結果を確認し、できてない場合はその理由や原因を検討し、対策を考えることが重要です。PDCAを回していくことで、ライフプランを「絵に描いた餅」とせず、将来の夢や希望を現実化することが可能となります。

進捗フォローの重要性進捗フォローの重要性

事業継承

事業承継の引継ぎ・開業相談もお任せください!ご状況に合わせて、事業承継のご相談から支援までトータルサポートいたします

歯科税理士東京Smileでは、事業承継の親子間での事業承継はもちろん。お客様のご要望に応じて事業承継のお手伝いをしています。 「子供が継いでくれるのだが、引き継ぐタイミングはいつが良いのだろう?」 「今のうちから設備投資しても問題ないのだろうか?」 「子供がいないので、第三者に引き継ぎたいのだが、金額はどれくらいになるのか?」 などなど、どんな小さなことでも構いませんのでお気軽にお問合せください。

進む世代交代

全国の診療所数の増減を見ると僅かながらの増加傾向にあります。その内訳を見てみると、ここ数年開設数は伸びていますが、廃止数も同じレベルで増加しており、結果として「僅かながらの増加傾向」となっています。このことから世代交代が急速に進んできていることが窺えます。歯科診療所だけを取ってみても同様な傾向にあります。歯科医師総数10万人のうち60歳以上が約2万5千人、50歳代も含めると5万2千人となり、歯科医師の半数以上を占めています。今後さらに加速して世代交代が起こることが予想されます。

進む世代交代進む世代交代

後継者がいない魅力的なクリニック

ある閑静な住宅地にある歯科クリニックの事例です。院長先生の年齢は60歳代でまだまだ現役です。しかし、そろそろ引退を視野に入れ、ご相談の依頼がありました。クリニックを開けている時間は短く、一人一人に丁寧な診療されていますが、年間5千万円の売上と十分な利益をきちんと出されています。優秀な歯科衛生士さんにも恵まれ、予防歯科でユニットの予定が取れないほどのクリニックです。つくづく思いますが、大きな借金を背負い、腕一本で勝負するのはロマンかも知れませんが、その分リスクも大きくなります。施設や医療機器、患者様やスタッフまで引き継げる承継開業という選択肢もあるのではないかと思います。上手く引き継げれば初年度から利益を出すことも可能です。

承継のパターン

子息子女などの身内への承継、従業員への承継、第三者への承継パターンが考えられます。子供が歯科医になっても、都会へ出て行ったきりで、大学のある地域に根付いてしまったり、そもそも歯科でない医師になったり、親子の関係がぎくしゃくしていたり、身内承継は上手くいけば最高ですが、親子承継しないケースも多数あります。そこで業績の良い院でも、第三者承継、つまりM&A案件としてマーケットに出てきます。

承継のパターン承継のパターン

居抜き物件との違い

歯科医院の場合、インターネットを検索すると「歯科医院   居抜き物件」がたくさん出てきます。では、M&A案件とどう違うのでしょうか。一般的に「居抜き物件」は、設備や医療機器をそのまま引き継げる点は同じですが、既に閉院をした院又は閉院期限が決まっており、スタッフや患者様の引継ぎが無いケースが多い承継の仕方です。安く開業できる点は魅力で最近首都圏では増えてきています。 一方、M&A物件は、まだ院長が現役で診療を行っており、患者様が付いています。そのため、カルテやスタッフを丸ごと引き継げる点から営業権を評価して、譲渡価格に上乗せされるため、居抜き案件より高くなります。前院長と新院長の並行助走期間を長く設けることで、患者様の承継確度を高めることができたり、スタッフとの信頼関係の橋渡しが可能になるなど、お金がかかる分スタートが安定します。 それぞれメリット、デメリットがありますが、歯科税理士東京Smileでは幅広くご相談に乗れますので是非お尋ねください。

居抜き物件との違い居抜き物件との違い

個人院と医療法人の承継

第三者承継案件で売りに出ているクリニックには個人立のクリニックと医療法人があります。 個人立のクリニックを承継する時は、全く同じ建物、同じ名称、同じスタッフを引継いだとしても、旧院長の診療所を廃止し、新院長による全く別の診療所を開設することになります。旧院長の時に発生した権利や義務は新院長には引き継がれません。スタッフとの労働契約を含め全ての契約行為は改めて契約が必要になる一方、承継前の債務や訴訟リスクなどを引き継ぐことはありません。 カルテなどの情報については、「合併その他の事由による事業の承継に伴って個人データが提供される場合」(個人情報保護法第23条第5項第2号)に該当し、第三者への提供に該当しないため、患者の同意が無くてもカルテは引き継ぐことが可能であると解されています。ただ現実的には、承継の院内掲示、何らかの患者の同意取り付け、患者様相談体制の告知、新旧院長との並行診療引継ぎ期間をある程度取る必要があると考えています。 医療法人を引き継ぐ場合については、旧法の「出資持分あり医療法人」を引き継ぐケースが多いと思います。その場合、出資持分を買い取り、社員となり理事長に就任することで、財産権と経営権を承継することになります。全ての権利義務を引き継ぐことになり、関係者と新たな契約を締結する必要ありませんが、債務や簿外債務、行政への届出書類の未届け、違法建築状態、旧院長時代の訴訟リスクなど出資持分譲渡契約の表明保障などで細かく条件を取り決めておく必要があります。 歯科税理士東京Smileでは、医業承継を手掛けています。是非無料相談をご活用ください。

節税対策

ここでは、クリニックにおいてよくある節税方法の一例をご紹介します。

クリニックにおいてよくある節税方法の一例をご紹介しますが、留意すべきなのは、事業を経営していくうえで節税がどの程度の重要性を持っているのかを一度きちんと確認するということです。節税を考えるのと同時に、ぜひ長期的な視野を持って、ご自身のクリニックの将来について考える機会を持っていただきたいと思います。歯科税理士東京Smileでは、会計税務だけでなく顧問先の経営のパートナーとして、皆様のお役に立ちたいと考えています。

お金の支出を伴わないもの
  1. 未払金、未払費用を漏れなく計上する
  2. 使っていない固定資産を除却する
  3. 簡易課税制度を適用する
  4. 措置法26条を適用する(個人事業主の場合のみ)

お金の支出を伴わないものお金の支出を伴わないもの

お金の支出を伴うもの
  1. 医療用機器を購入する
  2. HPや広告宣伝費を使う
  3. 必要な消耗品等を購入する
  4. 修繕を行う
  5. 経費を年払いにする
  6. 中小企業のための優遇税制を活用する
  7. 中小企業倒産防止共済への加入(個人事業主の場合のみ)
  8. 専従者賞与を支給する(個人事業主の場合のみ)
  9. 小規模共済、国民年金基金等の加入、個人型確定拠出年金(個人事業主の場合のみ)
  10. ふるさと納税(個人事業主の場合のみ)
  11. 決算賞与の支給(医療法人の場合のみ)
  12. 生命保険に加入する(医療法人の場合のみ)

お金の支出を伴うものお金の支出を伴うもの

お客様の声

歯科税理士東京Smileの顧問先、檀上歯科医院様にインタビューさせて頂きました。

歯科税理士東京Smileの顧問先、檀上歯科医院様にインタビューさせて頂きました。

上田会計
院の特徴を教えてください。
檀上歯科医院
檀上歯科医院では、予防歯科に注力することで、極力「痛くなく、削らず、抜かない」歯を守る治療を優先し、 一生涯にわたって自分の歯でおいしく食事ができるお手伝いを心掛けています。開業して2年目のため、きれいで清潔な治療環境を整えています。
上田会計
独立された理由はなんですか。
檀上歯科医院
歯科医になったからには、いつか独立したいと考えていました。勤務医として経験を積んできましたが、勤務先のクリニックで事業承継の話が出てきて、それまで診てきた患者様を引き継ぐ形で開業できることになったため、独立を決心しました。
上田会計
上田会計を選んだ理由を教えてください。
檀上歯科医院
独立開業をするにあたり、開業資金の資金調達に不安がありました。そこで、上田会計のコンサルタントに相談したのですが、資金調達に関するサポートはもちろん、スタッフの労働条件や助成金の活用など、経営に関する幅広いアドバイスをいただくことができました。
上田会計
現在当事務所のサービスはどのように役に立っていますか?
檀上歯科医院
毎月、会計資料を送付すると、1週間で試算表をいただけるので、現在のクリニックの状況をすばやく、手間なく把握することができています。また、定期的に資金の流れを整理して伝えていただけるので、安心して患者様の治療に取り組むことができています。

檀上歯科医院様

歯科税理士東京Smileの顧問先、井上歯科ハマダヤマ様にインタビューさせて頂きました。

歯科税理士東京Smileの顧問先、井上歯科ハマダヤマ様にインタビューさせて頂きました。

上田会計
院の特徴を教えてください。
井上歯科
ハマダヤマ
開業するにあたり、地域のみなさまに当院がどのような形で貢献できるのかを真剣に考え、「早朝7時30分から、土曜・日曜・祝日も診療」、「治療が終了した人・虫歯がない人も予防で通える歯科」を特徴としました。地域のみなさまに愛される歯科医院にしていきたいと考えております。
「毎回、プライバシーが守られた個室で、対話しながら治療する環境を提供できる」ということが当院の大きな特徴だと思います。
開業する際、ユニットは2台置けるところをあえて1台にしました。スペースがそんなに広くない為、きっちりと2台を置くよりも、1台に厳選し、患者様のプライバシー空間を守る“1台で個室のみ”というスタイルにしました。
小さな配慮かもしれませんが、「ユニット横に治療中の患者様専用のキッズスペースを設け、子どもの気配を感じることのできる工夫をしました。」また、「ご家族用の椅子を設け、子どもの治療をご家族が隣に座りながら見ることができる(説明を聞くことができる)ように工夫しました。」当院での治療時間は、このような空間で患者様専属の歯科医師となり、対話しながら治療を提供できるという点が喜ばれていると思います。
上田会計
独立された理由はなんですか。
井上歯科
ハマダヤマ
大学卒業後より、将来的な独立を視野に入れたキャリアプランを立てていました。
母校の口腔外科の医局に入り、骨再生の分野で博士号を取得しました。
その後、開業後の様々な状況を想定しながら、郊外の患者様の多いクリニックや都内で分院長を務めるなど経験を積みました。
「患者様に、なるべく自らの健康な歯で、人生を長く楽しんでいただきたい」
そう願う中、14年の臨床経験から、歯科医師として患者様にしっかりと長年にわたり寄り添う必要性を感じました。虫歯になった一時の治療だけではなく、予防も含め、困った時に相談でき、患者様の成長にあわせてご相談いただけるようになることが必要だと思いました。また、患者様のそれぞれの生活スタイルや趣味嗜好、習慣を知ったうえで、加療していくことがとても大切だと考えるようになりました。
このような理想の治療を目指し、地域のみなさまに貢献できるよう、独立開業いたしました。
まだ、開院したばかりではありますが、この医院での経験を糧として、今後は分院の展開も視野に入れ一歩一歩頑張っていきたいと考えています。
上田会計
上田会計を選んだ理由を教えてください。
井上歯科
ハマダヤマ
開業された先生が書いているブログに上田会計が紹介されているのを拝見し、興味を持ちました。実際に事務所へ訪問し、品川区で一番大きな会計士事務所ということを知り、安心することができました。また、それ以上に、訪問時にみなさんが立って挨拶をしてくれたことには、びっくりしたと同時に真面目に仕事をしてくれるのではという印象を持ちました。歯科の会計は専門的な部分もあり、歯科に特化している会計事務所であるという点も決める大きなポイントとなりました。
上田会計
現在当事務所のサービスはどのように役に立っていますか?
井上歯科
ハマダヤマ
まずは、患者様としっかりと向き合い、地域医療に貢献したいと思っていた為、会計関係はプロにお願いしたいと考えていました。不慣れな税務署への手続きや、毎月の税務・会計に関する業務をお任せできるという点で非常に助かっています。将来的に法人化を検討する際や、分院展開についても相談に乗って頂けるということで安心しています。他にも家族が経営のサポートをしてくれているので本当に感謝しています。関わる人たちが力を合わせて、地域に密着した「地域のみなさまに愛される医院」にしていきたいと思っています。

井上歯科ハマダヤマ

Q&Aよくあるご質問

横浜で歯医者をしています。場所が横浜なのですが、大丈夫でしょうか?(30代   男性)
もちろん大丈夫です。東京だけでなく、東北地方から沖縄まで日本全国に大勢の歯科医院のお客様がいらっしゃいます。お気軽にご相談ください。
まずは直接会って、サービスや料金の話しを聞いてから、申し込むかどうかを決めたいのですが、初回の面談は料金がかかりますか?(40代   女性)
紹介相談は無料です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。 サービス内容や税理士顧問料について詳しくご説明させていただきます。お話をお聞きいただいて、納得いただけましたら、お申込みとなります。 詳しいサービスの流れは、こちらを参照ください。⇒サービスの流れ
記帳代行とは、何もしなくても良いのですか?(20代   女性)
必要書類をご郵送いただくだけです。必要書類とは、窓口収入簿(歯科専用日計表)、通帳のコピー、領収書、給与明細書、診療報酬請求書、診療報酬振込通知書等になります。 歯科医院内で会計処理を行うよりはるかにお手間がかからず、スムーズで正確な処理が可能です。
月の売上で顧問料金(月額報酬)が月売上に応じて変動する様な料金表ですが、毎月料金の見直しになるのでしょうか。(30代   男性)
毎月の顧問料金の見直しはいたしません。基本的には3カ月平均の数値をベースにご相談させていただく流れになります。
今利用している税理士から切り替えようと思うのですが、タイミングはいつが良いというのはあるのでしょうか。 (40代   男性)
どのタイミングでも可能です。現在の税理士報酬よりも安くなる場合がほとんどですので、早めにご相談いただくことをお勧めします。
資金繰りに困っていますが、融資申し込みからの流れを教えてください。(30代   男性)
融資申し込みから実行までの流れは以下の通りになります。
  • 1. 融資希望額の決定
  • 2. 経営計画書を作成・金融機関の選定
  • 3. 金融機関にて融資内容への検討(場合によっては、足りない書類などここで提出します)
  • 4. 金融機関の融資担当者との面談
  • 5. 融資期間・融資額・利率などの条件を決定
  • 6. 融資実行へ(おおよそ融資実行までに、1ヶ月半~2ヵ月ほど期間がかかります)

弊事務所では、日本政策金融公庫への紹介も可能です。

会計の知識や経験がないので不安なのですが、経験や知識が無くても大丈夫ですか?(30代   男性)
もちろん大丈夫です!基本的には必要書類をお送りいただくだけですので、ご安心ください。経理は丸投げして、本業に専念することができます。
医療法人にしたほうが良いか、個人経営を継続していくか正直迷っています。
どちらが良いか相談してもよいのですか?(40代   男性)
医療法人化はメリットもあればデメリットもございます。
  • 基本的なメリット・デメリットはこちらをご参照ください。医療法人メリット・デメリット
  • 経営状況や保有財産等により変わりますので、プロにご相談頂くのが一番です。
  • 相談は無料ですので、まずは一度ご相談下さい。
税理士顧問契約後の相談はどのようになりますでしょうか?(50代   女性)
電話やメール、ご来所でのご相談は何度でも無料です。また、定期的な訪問をご希望の方にも、別途訪問付きプランをご用意しておりますので、ご要望に合わせてサービスをご提供することができます。
助成金の相談にものってくれますか?(30代   男性)
助成金については、提携社会保険労務士が対応させていただいております。ご状況をお聞きして、現在であればどのような助成金が受けられるかをお伝えさせていただいています。
そろそろ引退しようと考えているのですが、相談に乗ってくれますか?(60代   男性)
将来的な事業承継やM&Aなどの相談も対応可能です。お気軽にご相談ください。
良い弁護士を紹介してもらえますか?(30代   女性)
歯科税理士東京Smileの士業ネットワークがございます。ご相談内容に応じて、該当する弁護士をご紹介させていただくことは可能でございます。
開業相談にも乗ってくれますか?(30代   男性)
歯科医院の開業相談の実績は多数ございます。開業に関わる融資、資金繰り、税務、採用・雇用関係の整備など幅広くお手伝いしております。
専従者給与や役員報酬の金額の設定についても相談させてもらえますか?(50代   男性)
個人事業主の場合の専従者給与の設定、医療法人の役員報酬の金額設定についてもしっかりアドバイスさせていただきます。細かい数字を把握されたい方は、役員報酬シュミレーションを行い、最適な数値をお伝えすることができます。
事業計画書の作成もサポートしてもらえますか?(20代   男性)
開業、融資、事業拡大のためなどご要望に応じて、事業計画書の作成も可能です。どのような事業計画書を作りたいか、ざっくりお聞きできればお見積もりをさせていただきます。お気軽に相談下さい。
医療法人なのですが、事業報告書等及び監事監査報告書の作成は依頼できますか?(40代   男性)
提携行政書士が内容に応じて、対応することが可能です。
個人事業主で歯科医院をしているのですが、医療法人化の手続きも依頼できますか?(30代   女性)
提携行政書士とタッグを組んで、医療法人化の手続きもサポートしています。
給与計算も依頼できますか?(40代   女性)
もちろん可能です。給与計算の代行もしくは、給与計算ソフトのレンタルも行っております。詳しくはぜひお問合せ下さい。
ページトップへ